JIIA市場統計

2016年~2018年までの統計データ(第9版)を発行

詳細&購入

CameraLink HS

ハードウェアインターフェース
標準規格

Camera Link HS(CLHS)は、2012年5月にリリースされ、既存のケーブルを使用して、Camera Link規格のケーブル長や伝送帯域を改善したものとなっています。1ビットのエラー訂正プロトコル、16系統の双方向GPIO、同期した並列処理フレームグラバ、フレーム単位でのカメラ制御が可能です。1レーンあたり3.125 Gbits/s及び5.0 Gbits/sの伝送(Mプロトコル)と、1レーンあたり10.3 Gbits/sの伝送(Xプロトコル)の伝送速度を使用します。相互接続の問題、開発リスクを低減させるため、非暗号化のVHDL-IPが用意されています。イベント通知はパケット転送を使用しており、IPを使用した場合、ジッタ3.2 ns、遅延時間150 ns(typ)を実現しています。GPIO信号も、遅延時間、ジッタ共に300 ns程度となっています。低コストの銅線ケーブルでデータフォワーディングも実現します。

伝送速度
並列処理のためにはケーブル8本まで同時接続が
可能。ケーブル1本あたりの実効帯域は、1,200
Mbytes/s(F2;光ファイバ)、2,100・3,300 Mbytes/s
(C2;銅線)、8,400 Mbytes/s(C3;銅線・光ファイバ)
コネクタ
SFF-8470(InfiniBandまたはCX4)。
光ファイバケーブル。
AOCまたはSFP+コネクタ。
受信デバイス
フレームグラバ
カメラ給電
別コネクタ
ケーブル
C2銅線ケーブルで15 m、C3銅線ケーブルで2 m、
AOCケーブルで100 m。
SFP+(銅線)で5 m、SFP+(光ファイバ)で300 m。
その他の特徴
FPGA内蔵のSerDesへの直接接続が可能。


初版リリース 2012年5月
最新バージョン 1.0
出力構成 コンフィギュレーション 画像データ転送速度 ケーブル数
C2-(CX4 ケーブル) 2,100・3,300 Mbytes/s 1本
C3-(CX4 ケーブル) 8,400 Mbytes/s 1本
F2-(SFP+ コネクタ) 1,200 Mbytes/s 1本
カメラ制御 Uplink 300 Mbytes/s(C2)。1,200 Mbytes/s(F2,C3)
Downlink 画像データ共用
外部トリガ入力 カメラへの直接接続、
ソフトウェアトリガ
データ受信 フレームグラバ
接続形態 1対1,データ分割・データフォワーディングが可能
ケーブル 種類 最大長 給電能力
C2・C3(銅線) 15 m・2 m なし
C2・C3 Active Optical Cable 100 m なし
F2 マルチモードファイバ 300 m なし
F2 シングルモードファイバ 5,000 m なし




>> 一覧へ戻る <<