JIIA市場統計

2016年~2018年までの統計データ(第9版)を発行

詳細&購入

カメラ性能標準規格

カメラ性能標準規格

EMVA 1288はイメージセンサとカメラの性能測定と仕様の表示に関する標準規格です。
この規格を使用することにより、メーカーだけでなく、ユーザーにとってもメリットがあります。

特定のマシンビジョンアプリケーションに適したカメラを選択することは難しい作業です。メーカーが提供するデータシートで性能の比較をするのは困難です。多くの場合、重要な情報が入手できないため、ユーザーは、カメラの性能比較のためのテストに多くの労力をかけなければなりません。このようなカメラの性能比較を標準化するために、EMVA 1288が制定されました。EMVA 1288により、信頼性の高い正確な測定手順とデータ表示のガイドラインが定義されたことで、透明性が実現し、カメラとイメージセンサの性能比較をはるかに簡単にすることができます。

この標準規格はマシンビジョン業界のセンサおよびカメラのメーカー、販売会社及びコンポーネントのユーザーによって検討が行われ、2005年に白黒カメラに対する規格としてVersion 1.0がリリースされました。その後、改良が加えられ、簡単なカメラ性能比較用の標準サマリーデータシートが導入され、2016年にVersion 3.1が発行されました。

Linear Camera Model
The 1288 standard is based on a linear camera model.All noise sources except for photon noise and quantization noise can be included into a single parameter, the variance of the dark noise. Thus the model contains only three basic unknowns: the quantum efficiency, the dark noise and the system gain.
The Standardized Summary Datasheet
This page contains three major elements.
  1. Operating point
    Contains a complete description of the settings of the operating point at which the EMVA 1288 measurements hava been acquired. Settings not specified are assumed to be in the factory default mode. This ensures that the measurements can be repeated anytime under the same conditions.
  2. Photon Transfer Curve and SNR Curve
    The photon transfer curve shows the variance of the image sensor noise versus the mean value. The double-logarithmic SNR curve is a nice overall graphical representation of the camera performance parameters except for the dark current. The absolute sensitivity threshold is marked as well as the saturation capacity. The total SNR is plotted as a dashed line.It includes both the variances from the temporal noise and the non-uniformities.
  3. EMVA 1288 Performance Parameters
    This column lists all EMVA 1288 performance parameters.
EMVA 1288 Compliance
If EMVA 1288 compliant data is published or provided to a customer or any third party then the full datasheet must be provided. An EMVA 1288 compliant datasheet must contain all mandatory measurements and graphs as specified in the standard document for release 3.1 on www.standard1288.org

Future Work
Ongoing work inccludes:
  • Software and hardware certification
  • Shutter efficiency
  • Sensor/lens interface including sensor MTF
  • Trigger delay and jitter
  • Extension to UV, SWIR, polarization and hyperspectral imaging
  • HDR sensors and cameras
  • More detailed analysis of current


>> 一覧へ戻る <<